経営戦略.net

経営戦略.net

ISO14001について

環境マネジメント

近年、多くの企業が環境マネジメントに力を入れています。そのため、ISO14001を取得する企業も増えているのです。もしも、環境マネジメントに関心を持っているならISO14001について知っておきましょう。

新着情報

審査登録機関の選び方ランキング

no.1

登録にかかるコスト

審査登録機関の選び方ランキングの第一位は「登録にかかるコスト」になります。ISO14001の審査機関によって、料金がかなり違うことがあります。そのため、審査機関に依頼するときは注意して選びましょう。

no.2

実績の多さ

第二位は「実績の多さ」です。それぞれの審査機関にも実績というものが存在します。また、業種によっても実績が変わったりするので、自社の業種における実績数を確認して審査機関を選びましょう。

no.3

審査できるISO規格の数

第三位は「審査できるISO規格の数」になります。将来的にISO14001だけでなく、他の規格を取得する考えがある場合には審査できるISO規格の数はとても重要です。ですから、自社が今回導入するISO規格以外にどの規格を審査できるのか調べておきましょう。

no.4

審査員

第四位は「審査員」です。審査員は自社のISO14001を導入してから、長期的に付き合っていける方が望ましいです。そして、自社の問題に積極的に関わって、面談してくれる審査員を選ぶことでISO14001導入のメリットを高めます。

no.5

何を重点的に審査するか

第五位は「何を重点的に審査するか」になります。企業によって、審査する内容が変わってきます。そのため、審査機関には何を重点的に審査するのか知っておく必要があります。果たして、審査機関が自社のニーズに合っているか、それを考えた上で依頼しましょう。

[PR]

ISO14001は簡単に取れる!
専門のコンサルティング会社をチェック!

環境問題に取り組む

男性

ISO14001

環境マネジメントには基準となる規格があり、それがISO14001になります。ISO14001のシステムでは環境マネジメントを実施するためのプロセス及び、経営資源について合理化できます。

取り入れる理由

ISO14001を取り入れて、環境マネジメントを実施する目的は、製品やサービスによる環境の負荷を低減することで、環境の問題発生を予防していくことにあります。そしてその結果、自社の評価を向上させることができます。

信頼と信用ができる会社

ISO14001を取得しているということは、国から自社がきちんと国の環境問題を取り組んでいると認められた証になります。そのため、当然のことお客様から信用と信頼ができる会社だと認識されます。

ISO14001を取得した企業の口コミ

返品が減った

ISO14001の導入によって、以前よりも返品がかなり減りました!また、自社の従業員が一人一人、環境問題に取り組んでくれたため、余分な商品やサンプルなどにも気を配ることができ、コスト削減ができました!(工業品製造業者)

スタッフの意識向上

以前では、特に環境問題に考えていなかった自社のスタッフも、ISO14001を導入することで考え方を変えることに成功しました。今では働く現場の環境を見直して、きちんと清掃するようになり導入して良かったと思っています。(古紙回収業者)

環境のデザインで業績アップ

今では、環境問題に対して様々な取り掛かりをしている企業も多いです。そのため、自社で環境に配慮したデザインや規格を提案したところ、既存のクライアントだけでなく、新規のクライアントにも人気が出ました。ISO14001を取得していたからこそ、人気が出たと思っています。(印刷業者)

自社の問題点を議論

ISO14001を導入することによって、自社の問題が浮き彫りになりました。そして、ISO14001に基づいて議論することによって、改善提案が沢山集まり、自社をもっと良くすることができました。もしも、環境マネジメントを行なうならISO14001を導入すべき!(リサイクル業者)

作業工程の見直し

自社でISO14001を導入を機に、全体的な作業の見直しを行いました。以前では原料などは自社でカットしていたのですが、今ではカット済みの野菜や加工済みの野菜に切り替えました。そのため、食品廃棄物の発生を削減することができ、満足です!!(食品製造業者)

ISO14001に関する疑問

ISO14001とISO9001の違いは?

ISO14001とISO9001の明確な違いは視点にあります。ISO9001は経営面を配慮して必要なものだけを仕入れて、製品を開発することに対して、ISO14001は環境を配慮して、廃棄物を削減して製品を開発します。

ISO14001を導入する時の注意点は?

ISO14001を導入する時は、既存のマニュアルや作業手順をなるべく活用させるように心掛けましょう。いきなり社内の業務が変わってしまうと、時間と手間がかなりかかってしまいます。ですから、今のルールでできることから行うことが大切です。

審査費用は?

ISO14001の審査費用は主に登録料、文書審査料、実地審査料などがかかります。また、審査機関によっては審査員の移動費なども請求するところがあります。ですから、審査を依頼する時は審査機関の選び方にも注意しましょう。

ISO14001を導入するなら社員研修を実施すべき?

ISO14001を導入するならやはり、できるだけ社員研修は行うべきでしょう。導入したからには働く従業員にはマニュアルの内容を理解させないといけません。社員研修ではISO14001に関するルールやこれからの仕事の手順などを説明するべきです。

コンサルタントを雇うべき?

効果的にISO14001を自社で実践するならば、コンサルタントを雇う方が確実です。コンサルタントならISO14001に関するノウハウもきちんと持っていますので、ISO14001に基づいて自社の活動をよりいいものにできます。